業務外の病気やケガの療養※1で仕事につけず給与がもらえないときは、生活保障の目的で「傷病手当金」が支給されます。現金支給で被保険者だけが対象となります。
支給される4つの条件
 
支給金額とその期間は?
傷病手当金として支給される額は下記のとおりです。支給期間は、支給されることになった日から最長1年6ヵ月です。また、厚生年金保険等の障害年金か障害手当金を受けられるようになったときは打ち切られます。ただし、障害年金等の額が傷病手当金の額より少ないときは、その差額を支給することになります。

1日当たりの支給額

■支給開始日以前の被保険者期間が12ヵ月以上ある場合

支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額を30で割った2/3に相当する額

■支給開始日以前の被保険者期間が12ヵ月に満たない場合

支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額と、当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額を比べて少ない方の額

を使用して計算します。

手続き
「傷病手当金支給申請書」に事業主の証明書と医師の証明を受けて、健保組合に提出します。
Notes
※1 この場合の「療養」とは、入院をしているときに限らず、自宅療養も対象になります。
※2 仕事ができなくなった最初の日を含め3日間は“待期”といい、次の4日目から支給されます。待期の3日間は連続していることが必要です。
※3 連続して休んでも会社が給与を払っている間や有給休暇を使っているときは支給されません。ただし、給与をもらっていてもその額が傷病手当金の額よりも少ないときは、その差額が支給されます。
※4 出産手当金の支給期間中に傷病手当金も受けられる場合は、出産手当金が優先します。

 
 
Copyright (c) OTOWA KENPO All rights reserved