歯の治療は、治療の方法や材料によって、
自己負担額が多くなることがあるので注意しましょう。
 
自費診療と材料差額方式  
 歯の治療は健康保険でできる方法と材料を使った保険診療と、それ以外の自費診療(自由診療)の2本立てとなっています。また、材料差額診療といって、1.前歯の鋳造歯冠修復・歯冠継続歯に金合金または白金加金の材料を希望したとき、 2.金属床による総義歯を希望したときは、健康保険で認められている材料との差額を負担するだけでよいというものもあります。
いずれにしても診療前に歯科医師とよく相談し、納得のうえで診療を受けるようにしましょう。
 
充填(じゅうてん)
初期のムシ歯の部分を削り、材料をつめて形成修復をする。
保険外の材料[金箔・金合金・白金加金]
インレー(鋳造歯冠修復)
歯が欠けた部分の型をとり、金属で鋳造修復する。
保険外の材料[金合金・白金加金(前歯の支台歯には14カラットが認められている)]
金属冠
臼歯のムシ歯で、充填やインレーでは修復できない場合、金属板を加工してかぶせる。
保険外の材料[金合金・白金加金]
前装冠、前装鋳造ダミー
前歯のムシ食い部分が大きい場合、見た目にもよい修復のため、前装冠をかぶせる。
保険外の材料[金合金・白金加金]
ジャケット冠
前歯と小臼歯にかぶせるように使われるため、自然な歯に類似した色調を持つ材料が使われる。
保険外の材料[メタルボンドポーセレン冠・ポーセレン]
歯冠継続歯(さし歯)
前歯や小臼歯の歯根部分が残ってる場合に、継ぎ足す方法。
保険外の材料[金合金(前歯の支台歯には14カラットが認められている)・白金加金・ポーセレン]
有床義歯(入れ歯)
取り外しのできる入れ歯。部分的な入れ歯と総入れ歯とがある。
保険外の材料[金合金・白金加金・金属床]
ブリッジ
抜けた部分に合わせて作った金属冠を、残っている歯を支えに橋渡しをする形で、形成する。
保険外の材料[金合金(前歯の支台歯には14カラットが認められている)・白金加金・ポーセレン]
 

 
 
Copyright (c) OTOWA KENPO All rights reserved